生え際・前髪の復活方法

生え際・前髪の復活方法

あなたにとって最も大切である生え際と前髪の復活方法!

ここで生え際や前髪の後退を食い止めて、復活させるための方法についてお話します。

少し長文になりますが、これは以前、私が販売しおりました育毛マニュアル本の内容も記載しておりますので、ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

前頭部の生え際や前髪は、最も外見の印象に大きく左右する一番大切なところであります!

私たち薄毛の人が、いちばん髪の毛の量が欲しいところでもあります。

そのため私は、生え際や前髪を回復させ復活させるために、いろいろな育毛方法を取り入れ、何度も試行錯誤を繰り返してきました。

その中で生え際や前髪での後退を防ぎ改善のために「最も大切な事とは何にであるか?」

この事について気付きましたのでここに記載します。

私は永年に及んで育毛に真剣に取り組んで来ました・・・

そして、ありとあらゆる育毛・発毛方法に取り入れ、努力を重ねて来たのです。

その結果、幸いにも、薄毛のなる前の髪の毛の量を取り戻すことが出来ました。

特に前髪は、私が最も望んでいたところであるから「本当に嬉しい限りです!」

ですので、皆さんも生え際や前髪を諦める必要はありません!

正しい育毛すれば、理想の回復へと必ず近づけます。

しかし、皆さんにも、お分かり頂けると思いますが・・・これら理想の頭髪は、簡単に手に入った訳ではありません!

育毛に、真剣に取り組み、日々努力を重ねて来た結果!!

やっとの思いで得られた結果でもあります。そのため回復には努力も必要になります。

この生え際と前髪の育毛は、

多くの方が、苦戦をしいられるところであり、実際に、育毛に取り組んでいる方も、そのように感じているのでは無いでしょうか!?

生え際と前髪は、普通に育毛していても、思ったように成果が上がらず、結果が出にくいところであります。

しかし、この生え際と前髪は、どのような育毛・発毛方法を実施して行くかによって、大きく結果が違ってきます。

すなわち生え際と前髪の回復には、テクニックが必要なのです!

ある人は、この難題である生え際と前髪を、より効率の良い方法で、いち早く回復へと向かわせ、見た目でも満足のいく頭髪を手に入れられた人もいます。

またその逆もしかり、そのまま進行を止めることが出来ずに、見る見る内にハゲ上がってしまった人もいるのです。

やはり、やり方によって、効果が大きく分かれてしまうと思います。

ですので、皆さんもこの生え際と前髪で、より良い回復を手に入れるためには「必ず、心して取り組んでください!!」

これは、本当に育毛での「真剣勝負!!」になります。

通常、多くの方が生え際や前髪から薄くなり始め、そして後退していきます。

なぜなら生え際や前髪は、男性型脱毛症(AGA)の悪影響を最大限に受け、さらされるところであるからです。

そのため生え際や前髪は、普通に育毛するだけでは、謙虚に効果が現れません!

そして、やっかいな事に、この生え際や前髪は、通常より、細く弱々しい毛が多く、さらには毛根も浅いため、それらを長く太い毛へと代えることは、至難の技でもあります。

私も、実際に何回も「生え際・前髪の育毛」に挑戦して、一進一退を繰り返してきました!

これは、本当に育毛する上での「最大の難関」であります。
はじめに言っておきますが、決して一筋縄では行きません!

しかし、生え際や前髪は、回復させるのが難しいといって、簡単に諦めるわけにはいかないところでもあります。

それは、私たちの外見の印象に、もっとも影響を与えるファクターであり大切なところであるからです。

生え際が後退して、前髪が少なく薄ければ・・・

もう、本人の見た目のイメージにも、大幅にダウンしてしまいます。
前髪があるのと無いのでは、外見は雲泥の差なのです。

これは、人生を歩んでいく上でも大きなハンデになってしまいます。

私が、今まで生え際や前髪の育毛や発毛に、諦めずに何回も挑戦して来たのは

「やはり、この外見のイメージダウンを避けるためです!」

しかし、そのおかげで、真剣に頑張れたとも思います。

生え際や前髪は、

通常よりも、さらに育毛を強化して行わなければ、思ったような成果を得ることは難しいということです。

ありとあらゆる手段を使わなくてはなりません!

そこで、この問題を解決させるためにも、今回、皆さんに、このマニュアルの内容を公開することにしたのです!

この育毛マニュアルは、私の経験を踏まえた上で「生え際・前髪の育毛方法」について、詳しく書いたマニュアルです。

このテクニックを習得して、あなたも、生え際と前髪を回復させてください!

このマニュアルが、これからのあなたの「生え際と前髪の育毛」にお役に立てれば幸いです。

このマニュアルの方法で、ぜひとも理想のあなたの姿を取り戻してください。

育毛・発毛の最大の難関である生え際・前髪に挑む!

まずは、あなたに「回復のために、本当に必要なこと、大切な事とは何か?」を

ぜひ、感じ取って頂きたいと思います!

冒頭でも言いましたが・・・

「生え際や前髪は、私たちにとって本当に大切なところです!」

あなたの外見のイメージに大きな影響を与えます。

ですので、なんとしてでも回復させる必要があります。

しかし、「なぜ、生え際や前髪は、これ程までに回復が難しいのでしょうか?」

それでは、早速、その事について考えてみたいと思います。

そして、さらに生え際や前髪の特性にも、鋭く迫りたいと思います。

なぜなら、生え際や前髪の特性を知らずに回復させるのは難しいからです。

まずは、回復を手に入れるためには、生え際と前髪の特性を知る必要があります。

それでは【その特性とは!?】

まずは、何といっても

「もっとも男性型脱毛症(AGA)の悪影響をいちばん受けやすいところであるという事です。」

これは、避けたくても、避けて通ることのできない事実です。

そして、さらに厄介なことに、
生え際は、遺伝的要因も大きく関わっていると思われる事です。

例えば、男性型脱毛症がまだ始まる前の若い青年、例えば高校生ぐらいでも、額の前髪をアップしたら、剃り込みを入れたように少しM字にハゲかけている人もいます。

また、あまり男性型脱毛症の影響を受けにくい女性でも、髪の毛をかき上げると、額が広く生え際が後退ぎみの人もいます。

この事により、その人それぞれの人がもっている遺伝的要因が大きく関わっていることが伺えます。

また、生え際は、頭の形などにより、オデコが少し出ている人などは、
前頭部が圧迫されやすく、血行不良を起こしやすいところでもあります。

そして、額から生え際にかけては、毛根も浅く抜けやすい細い毛が集中しているのです。

これらの多くの問題を抱えている、それが生え際であり前髪なのです。

生え際と前髪は先手必勝!そしてボリュームアップ!!

それでは、この難しい生え際や前髪を、うまく解消させるのに、「1番大切な事とは何でしょうか!?」

これはマニュアル本ですので、もうすぐに答えを言います。

それは、「まずは、できるだけ早く対処するということです。」

「な~んだ!そんな事かよー!」とガッカリしないでくださいね。

回復させたければ、酷くならないうちに、早期対策を講じることは、育毛する上ではすごく重要なことなのです。

生え際や前髪を完全に回復した人の多くは、薄毛の進行が軽度の状態で回復させた人が多いのも事実です。

生え際と前髪は、

どうしても、ハゲ・薄毛の進行が酷くなってしてしまってからでは、成果が上がりにくくなってしまいます。

薄毛が軽度の間は、育毛・発毛アイテムの効果も謙虚に現れやすいとも言えます。

それは、なぜかというと、どうしても
「毛根が元気で、しっかりしている間でないと、再生は非常に困難になるからです。」

特に、生え際に関しては、

生え際の後退が酷くない間に、対策を打って食いとどめる事がいちばん賢明であります。

また、ひどく後退したところを回復させるよりも、後退するのを食いとどめる方が、何倍も容易であるからです。

そして、前髪は、今、残っている細い毛にも毛根にも、栄養と活力を与え、細い短い毛を成長させて、コシのある太く長い毛に変えて行く事です。

そのことにより、前髪のボリュームができて増えます。
前髪のボリュームが増えたら、同時に見た目のイメージも大きく変わります。

これらは当たり前のことですが重要なことです!

特に生え際は、復活が困難ですので、何センチも後退してしまってからでは大問題です。

毛穴がすでに無くなった、産毛も生えていないツルツルの額からは、残念ですが、もう毛が生えることはありません。

いくら私が、育毛経験が豊富であっても、こればかりは、どうしようもありません!

毛根が死んでしまったら、再生は難しい!

そのためにも酷くなる前に、早期の時点で最大限の対策を行い、「生え際のラインを後退させない!

そして、「前髪は、今ある毛をグングン成長させて、ボリュームアップをさせる!」

これが簡単に言えば、生え際と前髪でのより効果的な回復方法になるのです。

生え際・前髪は、早い話「先手必勝!!」です。

この事を、肝に銘じてください!

なにもせずに指をくわえて見ている時間などありません!当たり前ですが、すごく大切な事なのです。

回復させたいのであれば、すぐに最善の育毛を実施する事です!

生え際や前髪は男性型脱毛症の影響を最大限に受ける!

次に、もっとも大切なことは、生え際・前髪を後退させて薄くさせる男性型脱毛症(AGA)の対策です。

生え際や前髪は、男性型脱毛症(AGA)の影響を最大限に受けているところであるからです

そのため、男性型脱毛症の対策を、より強力に実施しなければなりません。

男性型脱毛症の対策は、育毛・発毛する上での鉄板でもありますが、

生え際や前髪の育毛にとっても、絶対に外すことは出来ない重要なことであると言えます。

このマニュアルを読んでいる方は、

すでに男性型脱毛症に対して、何らかの対策を講じていると思いますが・・・
特に、生え際や前髪は、総力戦で挑まなくてはなりません!

当然、ハゲ、薄毛を引き起こす、個々の問題に対しても

それぞれの育毛・発毛アイテムを使い、そして、体の中と外からの両方で攻めることになります。

この生え際や前髪は、1つのアイテムだけで、簡単に解消できる問題ではありません!

何度も言いますが・・・

生え際や前髪は、男性型脱毛症の影響を、最大限に受けているところであるのですからから、最大限の対策を講じる必要があるのです。

例えば、男性型脱毛症の影響を受けにくい女性の場合は、男性のように、額からハゲ上がって行く人は殆どいません!

女性の方でも、薄毛の人は見えますが・・・

大半の人は、毛が細くなり、髪の毛の分け目などから、薄くなる症状です。

または、特徴として、全体的にボリュームがなくなり、地肌が透けて見えるタイプの薄毛の人がほとんどであり、男性と違い額からツルツルにハゲ上がっている人はいません。

やはり、これは

女性の方は、女性ホルモンにより、額もうまく守られており、男性型脱毛症の特有のハゲ方が起こりにくいと考えられます。

この事からも言えますが・・・

額からハゲ上がる薄毛は、男性型脱毛症の特徴でもあり、それらは男性型脱毛症の対策が重要であるということを意味しています!

額からハゲ上がるのは、男性型脱毛症の特長であるのです。

それでは、ご存じ無い方も多いと思いますので、男性型脱毛症(AGA)についてご説明したいと思います。

生え際も前髪も薄くなるのは、やはり男性型脱毛症です。

男性型脱毛症とは、毛周期(髪の毛の成長サイクル)を繰り返す内に、髪の毛が伸びて太くなる成長期が短縮され、それらの太い硬毛がすぐに抜けてしまいます。

次に、新しく生えて来た毛の成長期も短くなり、うまく成長しきれずに、徐々に、弱々しい軟毛になってしまう現象です。

それらを、繰り返すうちに、やがて最終的には、目では確認できないくらいの産毛になってしまいます。

これが、いわゆるハゲ・薄毛になる男性型脱毛症であります。

通常、髪の毛の毛周期は、発生期⇒成長期⇒退行期⇒休止期のサイクルを

5~6年かけて行いますが、男性型脱毛症の人は成長期が極端に短くなり、すぐに後退期を迎えます。

そのため髪の毛が、弱々しい短い毛、または産毛の状態で抜けてしまうのです。

この男性型脱毛症の発症には、もともと、頭皮にある男性ホルモンレセプターと2型5αリダクターゼの両方の強い発現が必要であるといえます。

この事により、ハゲ・薄毛が起こり始まります。

男性ホルモンは5αリダクターゼ(還元酵素)によって、デヒドロテストステロン(DHT)という、より強力な活性化された男性ホルモンに変換されます。

このDHTが毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合する事により、毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛をつくるな!」と脱毛因子が脱毛の指令を出します。

そして、その脱毛指令により、細胞が活性化されない状況が続き、髪の毛が十分につくられない状況が続くと、毛が細くなり、成長をする前に、それらが抜けてしまうことになるのです。

この事が、主な男性型脱毛症の特徴であります。

ただ生え際や前髪も、これらの男性型脱毛症の影響を最大限に受けることにより起こります。

それでは、その男性型脱毛症での重要な対策法をお話します。

この事は、強く頭に叩き込んでおいてください。

そして、これらの内容を、ご参考にして頂ければ良いと思います。

生え際や前髪の後退を食い止めて、復活させるための方法についてお話します。

まず、忘れてはならないことは、前頭部の生え際や前髪は、頭皮の中で一番男性型脱毛の悪影響を受けやすい所であります。

そのため、常に薄毛の要因にさらされ続けています。

それもあなたが薄毛になるまでの長い間、ずーっとさらされ続けた来たのです。

その為に、頭皮や毛根は非常に弱っています。

これらを正常化させるためにも、根気よく、日々の対策の実施と継続が必要です!

私の経験からも、早く回復させたいがために、強力な男性型脱毛対策を行うよりも、複数の有効なものを摂取したり、同時に頭皮塗布した方が安全で効果が得られると思われます。

まず生え際を復活させるためには、からだの中から5αリダクターゼを抑え、男性ホルモンDHTへの変換を防ぐこと!

そして、頭皮に直接に塗布する方法でも、DHTへの変換を防ぎ、さらに脱毛因子TGF-βらを抑える!この両方からの対策が必要であると思います。

体の中からと外からの両方で完璧なまでの対策を取る事が重要なのです。

薄毛のメカニズムの発生源でもある2型の5αリダクターゼを抑える

生え際と前髪の回復に必要なこと!

「額から禿げ上がる」、それは男性型脱毛症である証拠でもあります。

そのため男性型脱毛症の対策が絶対に必要になります!

まず、還元酵素5αリダクターゼの存在が、ハゲ・薄毛になる根本的な最初の原因になります。

もともと2型5αリダクターゼを持たない人は、「薄毛になる事がない、そしてハゲない!」という事実があります。

薄毛の人と同じように、体内の男性ホルモンの量は何ら変わらないのに、
酵素である2型の5αリダクターゼが元々存在しなかった人は、ハゲや薄毛には成ることはなかったのです。

このことは、「2型の5αリダクターゼが存在しなければ薄毛にはならない!」と、いうことを意味しています。

そのため生え際や前髪の回復にとって、2型5αリダクターゼの対策は最も有効であると言えるのです。

活性型の男性ホルモンDHTに変換させない!

男性ホルモンは5αリダクターゼにより、デヒドロテストステロン(DHT)という、
強力な活性型の男性ホルモンに変換されます。

そして、このデヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合する事によって、毛乳頭の毛母細胞へ「髪の毛をつくるな!」の脱毛指令を出します。

これらの現象は通常の男性ホルモンでなく、活性型の男性ホルモンDHTにより起こるのです。

まずは、ここまでの対策をきっちりと取ってください!

この5αリダクターゼを抑えて、強力な男性ホルモン(DHT)に変換させない事です。

そのためには、2型5αリダクターゼを抑えるしかありません!

脱毛因子TGF-βらの問題、そして「脱毛指令」をブロックする!

男性ホルモンは、5αリダクターゼにより、デヒドロテストステロン(DHT)という、
強力な活性型の男性ホルモンに変換されます。

ハゲ・薄毛になる人の毛根では、この強力な男性ホルモンDHTが増えると、次に脱毛因子TGF-βらが多く発現するため、髪の毛の成長をストップさせる脱毛指令が働くことになります。
脱毛因子TGF-βらから発する「毛をつくるな!」「毛が抜けろ!」の脱毛指令により、毛母細胞が活性化されない状況が続き、髪の毛は十分に作られない。

そのため、やがて髪の毛が成長をする前に毛が抜けてしまうことになります。

「ハゲ・薄毛の人は、常に、これらの脱毛指令が出続けている状態です。」

このような状態では、「髪の毛は、成長したくても成長することは出来ません!」

まして、額にかけて、軟毛が多い生え際や前髪のところは、休む暇も無く、脱毛指令を浴び続け、これでは毛根もたまったものではありません!

この事は、あなたにも想像できると思います。

それでは髪の毛の成長を阻害することなく「元気よく成長させるためには!?」

何としても!この脱毛因子TGF-βらを抑え、そして、次に発する「毛をつくるな!」「毛が抜けろ!」の脱毛指令を阻止しなければなりません!

生え際や前髪にとっても、この脱毛因子を抑えて、さらに脱毛指令を阻止することは
育毛や発毛にとって、もっとも有効なことです。

この著しく髪の毛の成長止めて、簡単に抜けてしまう、この現象が男性型脱毛症(AGA)であるのです。

そのため、大切な生え際や前髪のためにも、必ず日々これらの現象を抑えなくてはなりません!

この状態を放置したままでは、当然、髪の毛も育たないのです!

成長因子IGF-1らの産出・誘導をさせる!

では、次に生え際と前髪の回復に欠かす事の出来ない成長因子についてです。

この成長因子の重要性は、すでに皆さんもお分かり頂いていると思いますが、生え際や前髪にとっても重要になるので説明しておきます。

ハゲ・薄毛の原因は、髪の毛のサイクルである毛周期の成長期が短くなる事により起こります。
毛周期は、毛が生えて、育ち、抜けるまでの髪の毛のサイクルです。

先程も述べましたが・・・

髪の毛がフサフサの正常な人の毛周期の成長期には、VEGF,IGF-1,FGF-5S,KGF等の成長因子が多く産出されます。

それら成長因子により、髪の成長期が十分に維持され「毛が伸び続ける!」ことになります。
そして、その毛は育ち、やがて長い太い毛へ変わっていくことに

髪の毛を育て長く太い毛へと成長させるには、この成長因子の産出・誘導が絶対に必要です!

生え際や前髪のような、細い毛が多いところは、長い間、男性型脱毛症やその他の悪影響を受けており、当然であるが非常に弱っています。

それらの弱っている個所を元気づけて、プラスに転じるためにも、多くの成長因子を産出することが必要になって来るのです。

例えば、髭も男性ホルモンレセプターが存在しています。

そして、同じように男性ホルモンの影響を受けますが、髭は、成長因子IGF-1が多く産出されるため、薄毛の人でも、髭は弱ることなく、力強く伸び続けます。

剃っても、剃っても生えて来る髭は、これは成長因子により伸び続けるのです!

これと同じように、あなたの頭皮からも成長因子を多く産出させれば、毛の成長は促進されて伸び続けるのです!

髪の毛を成長させて結果を出すためには、絶対に成長因子の産出・誘導が必要です。

特に、毛が細く弱々しい生え際と前髪には、成長因子の力を借りて、長く太い毛へと育てなければなりません!

生え際や前髪を回復させたいのであれば、常に、あなたの頭皮から成長因子の産出・誘導を心掛けましょう!

そして、それらは強力に行う事が効果的であります!

【男性型脱毛症(AGA)のまとめ】

この男性型脱毛症のメカニズムの全体図を見て頂くと理解しやすいと思います。

■男性型脱毛症の対策■

・2型の5αリダクターゼを抑える

・活性型の男性ホルモンDHTに変換させない

・脱毛因子TGF-βを抑える

・脱毛因子TGF-βらの「脱毛指令」をブロック

・成長因子の産出・誘導・遺伝的要因を軽減させるための体質改善

女性は、額からハゲ上がらないことからも分かりますが、額からハゲ上がるのは、やはり男性型脱毛の特長なのです。

これらの男性型脱毛への対策は、生え際・前髪にとっても、すごく重要なことです。

生え際・前髪でも、これらを出来るだけ、うまく実践して解消できる人が、成果を上げて結果を得られます。

さらに、言えば生え際や前髪は、特に強敵でありますので、これら項目を個々に対策すると共に、強化が必要になります。

そして、この対策と強化ができる人が、産毛のように弱い細い毛から、太い毛に変えることが出来るのです。

あなたも、これらを実践して、より太く長い毛を目指してください。

次に、少し細かいですが、生え際や前髪に大切な事を言います。

生え際の毛は、取り扱いに注意が必要!

私が、生え際の毛の特性について、もうひとつ言いたいこと

それは、「生え際の毛は、簡単に抜けやすいということです。」

生え際や前髪は、毛根も浅く、細い軟毛が多いため、簡単に抜けてしまうと思ってください。

これらの事を知らずに、髪の毛や頭皮に余計な負荷をかけることは、
生え際や前髪の毛の損傷に成りかねません!

毎日、同じ分け目の所で髪の毛をわける。
そして、ブラシで毛を引っ張ってしまえば簡単に抜けます

当然、洗髪の際も、ゴシゴシと洗わずに、優しく丁寧に洗ってください。

そして、シャンプーを使うときは、
手のひらでお湯と一緒にして、少し薄めて泡立ててから洗髪してください。

また、育毛剤を強くすり込むなど、それらの行為によっても抜けます。

頭皮マッサージの際も、生え際や前髪のところには負荷をかけないようにしましょう。

生え際・前髪には、負荷をかけてはいけません!

こんなことでも、思ったより
生え際や前髪の毛を、通常より長く維持できます。

私の医薬品への認識、それでも活用するならば!?

それは、冒頭にも言いましたが・・・
生え際や前髪は、男性型脱毛症(AGA)の影響を最大限に受けるところであります。

しかし、残念なことに、
男性型脱毛の原因を100パーセント解消してくれるアイテムはこの世にはありません!

その様な、夢の特効薬は現時点では存在しないのです。

例えば、現在、医薬品であるフィナステリドやミノキシジルもありますが、
これらにより、うまく利用する方法はありますが、

すべてを解消することはできません。

フィナステリドは、一部合う人には有効のようですが・・・
これも、また万能ではありません。

私にはそこまでの改善はありませんでした。

また、これらの効力を持続させるためには、薬を飲み続けなければなりません!
そのため医薬品を長期服用する事は、副作用や何らかの代償を払わなければならないかも分からないのです。

ミノキシジルは、製造元であるアップジョン社が、生え際や前髪には有効でないといっています。

また、ミノキタブ(ミノキシジル錠剤)は、一部インターネットなどで、生え際にも有効であると言われていますが、服用では、体内に入れるため副作用が強く、長期の服用はかなりの負担になります。

ミノキダブは、元々はアメリカの血圧降下剤として使用していた薬です。

これらは、血圧降下剤として投与されたもので、育毛や発毛のために
日々、飲み続けて常用されるものではありません。

そのため、体にも大きな負担が掛かります。

一時的な、回復のために、「もし身体を壊しては何の意味もありません!」

ただ、リスクは大きいですが効力はあると思います。
会う方には、かなりの回復された方もいます。

育毛のため医薬品等を使用する場合は、
副作用の危険性がともなうので慎重にならなくてはいけません。

特に、常時、服用するものは注意が必要で、効力を得るためには、
飲み続けなくてはならないという問題があるからです。

これら医薬品は、飲み続けることにより、やはり身体の負担が大きいので諸刃の剣であるということです。

生え際や前髪には、海外の未承認医薬品の「ミノキタブなどを飲めば回復するのでは!?」
と、思うか方も多いと思われますが

しかし、それらを実際に試した人は、分かると思いますが・・・
それらの薬で生えた毛は、やはり「偽りの毛」でしかありません!
「偽りの毛」は、やがて抜けて消えてしまう場合も多いです。

初期脱毛が酷い人も多く、あまりの抜け毛の多さに、耐え切れずに服用を断念する方も見えます。

これらは、永遠に飲み続けなければ、抜けて無くなってしまいます。

あなたは、危険を伴いながら薬を飲み続けるのですか!?

それは、私は、妥当な判断であるとは思えません。

私が、望む髪の毛は「真実の毛」です。

うそ偽りのない、自然に生えて成長していく「真実の毛」

私は、いつも、この「真実の毛」を育てることが、真の育毛方法であると思っています。

「真実の毛」それは、むしろ健康的であることにより、育てていく毛です。

体に害を及ぼして、無理やりに生やす毛ではないのです。

それは、自然の摂理に反することなく、そのままゆっくりと育つ毛でもあります。

育毛は、この「真実の毛」を育てることが賢明ではないでしょうか!?

真実の毛とは、人間の本来もっている力により、育つ毛です。

私は、生え際や前髪であっても、「真実の毛」で回復させる事がもっとも良い方法であると思っています。

そのために使うものは、やはり自然の天然由来のものが最善であると思います。

特に、体の中に入れるものは

それは、天然由来のものの方が、人間の体にも、うまく馴染みやすく、何と言っても継続が可能であるからです。

安全に継続できるものを最優先するべきではと思うのです。

「育毛は、継続により勝利します!」

しかし、できれば医薬品の効力も借りたい!という気持ちも少しはあります。
健康的な育毛が理想ではありますが、医薬品がうまく合う人には、効果が謙虚に表れ、回復力も上がるのも事実です!

特に、生え際や前髪は、男性型脱毛症の影響を最大限に受けるところでありますから、この力も味方にしたいという考えもあります。

そこで、まず1つの策としてですが・・・

これら医薬品の使用も、頭皮塗布での使用の場合は、服用より比較的安全です。

一般に、頭皮塗布の場合は、毛穴から浸透し身体にまわる分量はごく微量であるといわれています。

もし、どうしてもこれらを使用して育毛を強化したい場合は、頭皮塗布での使用をお勧めします。

但し、頭皮が荒れる、炎症を起こさない、その他トラブルがないことが前提です。
もし、何らかの問題があれば、すぐに使用をやめるようにしてください。

また、頭皮塗布には、これらも良いといわれています。

・フィナローション(フィナステリドのローションタイプのもの)
・スピロノラクトン

これ以外にも個人輸入などでもいろいろありますが、
基本的には、医薬品や未承認医薬品の使用は、頭皮塗布のみの使用が無難です。

また、服用する医薬品も、うまく合う人には、比較的に副作用が少なく効果のある人もいます。

これは試してみなければわからない部分もありますが、しかし、これらの医薬品は、諸刃の剣であり、使用には充分に注意が必要です。

育毛剤や発毛剤をより効果的に使うには

生え際や前髪で育毛剤を使用する際にも、
より育毛剤を浸透させて効力を得ることが大切です!

当然、有効成分を毛穴の奥まで浸透させなくてはなりません。

頭皮の表面についているだけでは、あまり意味がないのです!

もちろん、有効成分がうまく浸透して、毛根や毛乳頭まで行き届くことにより、効力が発揮できるのですから!

育毛剤を使用する時は、頭皮が柔らかくなっている時に、つけることが良いとされています。
(ある研究結果でも頭皮が柔らかいと浸透率は2倍に上がるという結果がでています。)

頭皮が柔らかく、頭皮の表面や毛穴に汚れ等がない時がベストな状態です。

それには、やはり入浴して洗髪後が、いちばん有効であると思います。

そして、お風呂でも頭皮を軽くマッサージすれば、頭皮が柔らかくなり、より浸透率が上がるかもわかりません!

生え際・前髪にも、しっかり浸透させて有効にする。これらを活用すれば、より期待できるのではないでしょうか!

頭皮の状態が良くないとボリュームアップできない。

薄毛の人の多くは、当然、頭皮も弱っています。
前髪の前頭部も例外ではありません。

短い細い毛を、コシのある太い毛に育てるには、
これらの、土壌である頭皮の改善も必要です!

ここに、頭皮改善で大切なことを記載しておきます。
詳しくは説明しませんが、参考にしてください。

これらは、頭皮を元気にする改善にも役立つと思います。

■頭皮改善させるには■

・頭皮の皮脂を抑える、そして毛穴に詰まった過酸化脂質をきれいに取り除く

・体の内と外の両方で5αリダクターゼを抑える。・より良い体質改善を心がけ実施する。

・マッサージなどで血行促進を図る。(肩から首にかけても)

・日々の生活でストレスを溜めない

・毎日運動を取り入れる

・頭皮のオイルケアの実施

・脂肪分の少ない質の高い食事への改善

・洗浄力の強い粗悪なシャンプーを使わない、お湯だけでの洗髪の日も入れる。

・心と体のバランスをはかり自然治癒力を最大限に活用

これらによっても、頭皮の環境を良くすることは可能です。
土壌である頭皮が良くなければ、髪の毛の成長も鈍ります。

毛を徐々にコシある太い毛にするためにも、常に頭皮の状態を良好にして起きましょう。

頭皮の状態が悪いと、生え際・前髪のボリュームアップは実現できません!

生え際と前髪を回復させるには!

それでは、今までの話の内容も含め、生え際や前髪を、以前の頃のように戻し、髪の毛の成長を阻害されることなく育て上げるには

「どのようにすれば良いのでしょうか?」

そのために、まず必要なことは、次の事が大切になります。

最終段階である、脱毛因子であるTGF-βらを抑えて、「髪の毛をつくるな!抜けろ!」の脱毛指令を出さないようにすることです!

これも、何回も言いますが・・・
まずは、この事が、重要になって来ます。

生え際や前髪の回復のためにも、
当然、この脱毛因子TGF-βらを抑えることが必要になってきます!

まず重要なカギを握っているのは、この脱毛因子TGF-βであります。

これが出来ることにより、髪の毛の成長を阻害することになります。

また、通常は脱毛因子TGF-βは潜在型であり、男性の脱毛に、あまり悪影響を及ばさないのですが・・・

「脱毛因子TGF-βの量がある一定量を超えてしまうと!」

強烈な脱毛の指令を出して、髪の毛の成長をいっきに抑えてしまうからです。

このようにして、脱毛因子TGF-βから、「髪の毛をつくるな!抜けろ!」の脱毛指令により、男性の髪の成長を著しく抑えてしまい抜けさせます。

「脱毛因子TGF-βの量を、ある一定量を超えないようにすれば・・・」
あまり悪影響を及ぼさないということにもなります。

それには、根本的な発生源から攻めていくということになります。

そのためには、やはり以前から言っているように

「男性ホルモンと2型5αリダクターゼが結びつく」ことにより
それらは、「強い男性ホルモンDHT」に変わります。

その「強い男性ホルモンDHT」と受容体がくっ付き、さらに遺伝子に働きかけた結果!⇒「脱毛因子TGF-βらが増える!」⇒そして「髪の毛をつくるな!抜けろ!の指令である脱毛指令が大量に出る!」ということです。

脱毛因子TGF-βが発しないようにするためには、
これらの前倒しの発生源からの対策も必要になってくるのです。

そこで、やはり重要になるのが、
ご存じの2型5αリダクターゼを抑えることになります。

これも、また何度もいいますが・・・

2型5αリダクターゼが存在しない民族は、 「絶対に薄毛になる事がない、そしてハゲない!」という事実です。

カリブ海に浮かぶドミニカ共和国に、決して薄毛にならない羨ましい民族います。

その民族の男性ホルモンの量は、
薄毛の人や普通の人とまったく変わることはなく、ほぼ同じ量であったということです!

「体内の男性ホルモンの量は何ら変わらない!」

しかし、その民族の特徴は、酵素である2型の5αリダクターゼが存在しなかった事です。

そこで、この事実が浮きあがってきます。

「2型の5αリダクターゼが、全く存在しなければハゲ・薄毛になることはない!」

この事実は、絶対に見逃す訳にはいきません!

また、遺伝的要因で髪の毛が薄くなった人も、

「5αリダクターゼが多く生成されるという体質」が
遺伝するということではないかと言われています。

これは、5αリダクターゼが多く生成されやすい体質が遺伝して
薄毛を引き起こしているという事です。

あの有名なフィナステリドやソーパルメットは
この2型の5αリダクターゼを抑えてくれるといわれています。

この2型の5αリダクターゼを完璧に抑えるだけでも
男性型脱毛症(AGA)の回復が可能になるのです。

それだけ2型の5αリダクターゼを抑えることは、
ハゲ・薄毛の人にとって、いかに重要であるかがお分かり頂けると思います。

この対策なしでは、育毛で回復などあり得ないのです!

2型の5αリダクターゼを抑え、さらに脱毛因子TGF-βを抑え脱毛の指令をなくす

これは、もう夢が膨らみます。

さて、今までいろいろと説明してきましたが

生え際や前髪を復活させるためには、この2型の5αリダクターゼを抑え、
さらに脱毛因子TGF-βや脱毛指令をなくすことができれば、

これで、生え際や前髪の望むような回復できるのでしょうか!?

残念ですが・・・・

それは違います。

コレだけでは、完璧とは言えないのです。

生え際や前髪の弱っている短い細い毛を、元気よく育てあげて、太く力強い毛にまで育てあげること!

それが、私の望む、理想の回復の状態であるといえます。

皆さんも、きっとそのように思っているのではないでしょうか!?

これら2型の5αリダクターゼと脱毛因子TGF-βを完璧に抑えても
すべての方の髪の毛がグングングンと、力強く成長するとは言い切れないのです。

なぜなら、それは、冒頭でも言いましたが

その方の薄毛の進行度合にもよりますし、また毛根の状態にもよります。

当然、毛根が元気であり、薄毛の進行があまり進んでいない人は
これだけも、髪の毛が成長して回復される方も多く見えると思います。

しかし、生え際や前髪のところは、男性型脱毛症の影響が非常に強力に受けています。

これらの男性型脱毛症であった状態が長ければ、長いほど、
当然、それに比例して毛根も弱っているのです!

そのため、仮に、2型の5αリダクターゼと脱毛因子TGF-βを完璧に抑えても
髪の毛が、うまく成長できない人も出てくるのです。

まずは、「2型の5αリダクターゼと脱毛因子TGF-βを完璧に抑える!」

さらに同時に、髪の毛の成長を司る!この成長因子の産出・誘導をも最大限の行わなければ、いけません。

生え際や前髪の毛も

グングンと元気よく成長できる状態にまでは、至らないかも分からないのです!

これら両方のすべてが完璧にできて、

生え際や前髪も、以前のように、元気よく成長できる状態といえるのではないでしょうか!!

皆さんも、ご存じのとおり・・・

成長因子の重要性は、以前から、私は声を大にして言っていたので

もう、すでにお分かりの方も多いハズです!

育毛で、飛躍的に改善させるには、この成長因子が、大切なカギを握っております!

薄毛の進行をくい止め、現状維持し、

そして、髪の毛がグングンと元気よく伸びて、更なる回復をさせるためには、
より多くの成長因子を産出することが重要であります!

髪の毛がグングンと成長できるフサフサの人は、成長因子であるIGF-1が多く産出されます。

この成長因子IGF-1が、髪の毛の成長を司るといっても過言ではありません!

薄毛の人でも、ヒゲではグングンと伸びる人も多いのではないでしょうか!?

このヒゲも、成長因子であるIGF-1が、多く産出されることにより、グングンと伸びているのです。

男性型脱毛症のスイッチをリセットさせ、より良い回復をさせるためには、
この成長因子IGF-1の産出・誘導が必要であります。

この成長因子が必要不可欠なのです!

常に成長因子を最大限に産出・誘導できるように心掛けましょう!

もうこれで、皆さんも、成長因子の重要性を理解して頂けたと思います。

さて、すでに皆さんには、多くのことを学んで頂きました!

ここまで来たら、生え際や前髪をうまく回復させるためには、何が重要であり、必要であるかは、十分に理解して頂いたと思います。

それでは、今までの話を踏まえて

次は、私が思う!

生え際や前髪の髪の毛をうまく成長させて、

薄毛を解消させるための最善の対策である育毛・発毛方法を述べたと思います。

今まで話した内容は、すごく重要です。
回復のためには、すべて必要なことです!

それでは次に、それらを具体的に行うための対策方法についてお話します。

生え際と前髪の回復方法【対策】

まずは、最終的な脱毛因子TGF-βらを抑え、そして「髪の毛をつくるな!」「毛が抜けろ!」の脱毛指令を出さないようにすることです!

このことについても、生え際や前髪では
できれば完璧なまでもの対策を取らなければなりません!

なぜ完璧、完璧と、うるさく繰り返し言うかというと

男性型脱毛症(AGA)は、非常に強力であるからです。
生半可な対策では、到底勝つことが出来ません。

これらを克服するためには、
生半可な1つや2つの対策程度で、解消できる訳がないからです。

生え際や前髪を元通りに回復させる!
または、その状態に近づけるということは、非常に困難なのです。

そのため、すべてのあらゆる問題点の個所に

個々の対策を打たなければなりません!

そして、それらは出来るだけ、強力に行う必要があります。

まず、必要な対策は5αリダクターゼの対策です。

発生源でもある2型5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことにより
それらは「強い男性ホルモンDHT」に変わり、脱毛因子TGF-βが増えることになります。

「もし仮に、この2型の5αリダクターゼが、全く存在しなければ薄毛になることはない!」

この事実も踏まえ、2型5αリダクターゼの対策は絶対に必要です。

2型5αリダクターゼを抑えるには、
やはり主力は、ソーパルメットフィナステリドが有効です。

言わずとも分かっていると思いますが、ソーパルメットは天然成分ですので
体にも優しく継続性に優れています。

また、フナステリドは医薬品ですので、継続性には優れていませんが・・・
これにより改善させる方も見えます。

これら2つを、うまく活用して、
2型5αリダクターゼ対策に使ってみるのも面白いかもしれません!

どちらにしろ、2型5αリダクターゼ対策も、

完璧かつ強力に行うことが望ましいと思います。
これを、阻止することは男性型脱毛症でも王道です。

これ抜きでは、あなたの望む育毛の回復はありえません!

これが、完璧にできれば

元々の脱毛の発生原因を抑えることになるのですから
後に、髪の毛の成長を阻害するあらゆる物質に変化する事が防げます。

そういう意味で考えると

男性型脱毛症の多くの要因を解消することに成りうるのではないでしょうか!

次に、生え際や前髪を、より元気よく、回復をさせるためには、
この成長因子IGF-1の産出・誘導が必要であります。

この成長因子IGF-1が
髪の毛をグングンと成長させることを司るといっても過言ではありません!

この生え際や前髪を回復させるためには、
これら成長因子IGF-1の産出・誘導が必要です。

それでは、この成長因子を産出・誘導させるにはどうすれば良いのでしょう!?

成長因子を産出・誘導できるものは少ないのですが・・・

その中でも、ブドウ種子エキスを使うことが有効であります。

また、このような研究結果もでています。

毛髪の成長に対しての影響について測定するため1000種類の植物を調査しました。
ブドウの種子から抽出物したプロアントシアニジンが髪の細胞増殖を 230%増大させる測定結果を得ました。

プロアントシアニジンは毛包上皮細胞の増殖を促進し、休止期毛から成長期毛への移行を促進すると推察される。

ブドウ種子エキスは、成長因子を誘導し、髪の毛の成長を促進させる働きがある。

ブドウ種子エキスは天然の成分ですので、

その中でも、より多くのプロアントシアニジンを含んだ素材が良いといえます。

また、皆さんがご存知のミノキシジルも、
成長因子の産出・誘導に役立ってくれるものであります。

ミノキシジルは、VEGFという成長因子の産出を促進すると言われています。
頭皮のかぶれや荒れにさえ注意すれば、使用する価値があると思われます。

これら、2つの有効アイテムを活用すれば、
頭皮塗布での育毛・発毛に大いに役立ってくれます。

また、体の中からでも成長因子の産出・誘導を心掛けた方が良いです。

「成長因子は、出来るだけ活性化させなければいけません!!」

薄毛に人にとって、成長因子は、髪の毛の成長のカンフル剤のようなもので、やり過ぎなんてありません!

ただ、体の中に入れるものは、体への負担や害を与えない、天然系の成分やエキスなどが良いでしょう。

体に負担を与えるものは、どうしても長続きしないからです。

プラセンタエキスは分裂を促進する成長因子や他の栄養素を抽出したものことです。

イソフラボンとカプサイシンは、成長因子IGF-1を産出するといわれています。

また、髪の毛を作るには栄養が必要です!

特に年齢とともに頭髪がさみしくなった方には、コラーゲンとアミノ酸が重要です。

年齢とともに髪の毛が薄くなるのは↓

頭皮にあるコラーゲンの一種が減り、髪の毛を作り出す細胞が
死んでしまうのが原因であるという研究結果が発表されました。

今やコラーゲンは、薄毛からの脱却するための重要な素材であります。

さらに『良質のコラーゲンを2ヶ月間摂り続けることにより
髪の太さが10%も太くなった!』という報告さえあります。

たった10%と思うかもわかりませんが、
2カ月で頭髪のボリュームが10%も増えれば
こんな嬉しい事はないはずです!

髪の毛が育ち伸びるというのは

毛母細胞がケラチンを蓄えて、細胞を上へ押し上げることによって起こるのです。

『毛が伸びる!』にはケラチンを蓄えることが重要になります。

ケラチンは、20種類のアミノ酸やコラーゲンが、結合してできたタンパク質です。
毎日、アミノ酸やコラーゲンをバランスよく摂取することにより、
健康な美しい髪が出来上がります。

先ほども言いましたが
『加齢による薄毛は、コラーゲン不足により起こっています。』

今やコラーゲンやアミノ酸の摂取は
「薄毛の救世主になり得る!」とも言えるのです。

それでは、このコラーゲン摂取に最も有効な素材は何でしょうか!?

それはズバリすっぽんです!

「良質のコラーゲン=すっぽん」と言っても過言でないでしょう

嬉しいことに、コラーゲンには即効性もあります。

よく女性がスッポン鍋を食べた日の翌朝は、
お肌がプルプルになったという話を聞きます。

それだけ良質なコラーゲンとアミノ酸は
健康で丈夫な肌や髪の毛を作るためには欠かせません!

より太く!より強く!丈夫な髪の毛を作るために、
「日々、良質のコラーゲン・アミノ酸を取り入れて欲しい!」

そうすれば頭髪のボリュームも増えることに!

特に髪の毛が細く弱々しくなった方は
このコラーゲン・アミノ酸の摂取をお勧めします。

今回、日々良質のコラーゲンとアミノ酸を
効率良く取り入れてもらうために

豊富な栄養素がたっぷりスッポン原末100%の
グローイングハイSパワーチャージはお勧めです!

その他にも、たくさんの天然系の有効成分が、含まれていますので
効率よく、育毛・発毛に活用して頂けると思います。

日々、それらの有効成分が力強く働きかけ、
髪の毛が成長しやすい状態を、日々つくり上げておくことです。

これら育毛・発毛のアイテムを、最大限に活用し完璧に実施すれば、
生え際や前髪も概ね回復の状態に近づけるのではないでしょうか!

そうすれば、私たちの本来望む姿である
「以前のように髪の毛が元気よくグングンと生えてくる状態!!」を
取り戻すことは可能であります!

今まで生え際と前髪の回復方法で大切なことを分かりやすく説明してきました!

「生え際や前髪の回復」とは

これらの育毛・発毛方法を、最大限に活かせた人が可能になります!

そして、これらは一夜にしてなりません!
根気よく、継続し続けた人のみ、

「生え際や前髪の回復が可能になるのです!」

なによりも、「継続は力なり」 です。

これも、理想の回復のためには絶対条件なのです。

このマニュアルに記載されていることを最大限に活かしてください。
きっと、飛躍的な回復が可能なはずです!

生え際や前髪も

それは、これらのことを、完璧に攻略できた人のみが得ることのできる

最高の報酬でもあるのです。

【生え際・前髪には、これらAGA対策をさらに強化しなければなりません。】

・2型の5αリダクターゼを抑える

・活性型の男性ホルモンに変換させない

・脱毛因子TGF-βを抑える

・脱毛因子TGF-βらの「脱毛指令」をブロック

・成長因子の産出・誘導

・遺伝的要因を軽減させるための体質改善

それには、各アイテムの特性を把握して、それらアイテムの良いところ取りをする。

そして、総力戦で挑まなければいけません!

すでに生え際が後退してしまった人は、それらを根気よく、続けなくてはいけません。

何も無いところからびっしりと産毛が生えてきた人たくさんいます。
毛根が死んでいなければ大丈夫です。

生え際・前髪であっても、これらの問題をどれだけ対策できるか!
そして、克服できるかに掛かっています。

そのためには、うまく複数の育毛・発毛のアイテムを取り入れ
体の中と外の両方から攻めることです。

そして、さらに継続することに、より成果を得られます。

これら総力戦での継続により、細い毛が徐々に成長していくことになります。

是非、これらの事を参考して、
貴方様の生え際・前髪の育毛に役立て頂ければ本当に幸いです。

ハゲ・薄毛は、すべてが解明された訳でもなく
以前よりは、実態が見えてきましたが・・・
まだまだ、わからないこともあります。

しかし、そんな中でも、このことは言えると思います。

生え際から後退する、または、生え際から前髪が少なくなる
これらは、女性の薄毛とはあきらかに違うハゲ方になります。

「生え際・前髪にも、特に男性型脱毛にこだわった育毛が重要であり
完璧なまでもの男性型脱毛対策の強化が必要であるのです!」

また、それらは、総力戦で挑まなくてはならない!!

そして、これらにより、生える毛は化学薬品で生えた
偽りの毛ではありません。

したがって、これらで生えた毛は、力強い真実の毛であります。
そのため回復には、実際、根気と時間が必要ですが、

しかし、これらにより生えた毛は、簡単に抜ける事はありませんし、偽りの毛のように
ある日、突然、大量脱毛が起こることもありません!

本当に、頼もしい毛であります。

私は、この真実の毛をたくさん増やして行くことが、真の回復であり、真の育毛であると思います。

また、それを実際に実践して得られて結果、今があるのだと確信しています。

あなたも、迷うことなく実践して見てください。

きっと、私の言っていることが、理解できると思います。

ハゲ・薄毛の問題は、本当に難しい問題です。

しかし、これらの内容が育毛での最善の方法であることは、間違いないと思います。

これらを根気よく、やり続ける!

それが、私たちにやるべきことであるのです!

それでは、最後に、皆さんのこの生え際と前髪の回復方法のマニュアル本の内容を
これからの育毛にお役立て頂き、より充実された育毛ライフを送って頂くことを願うしだいです!

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。